インソールの効果を体感する手順" />
サイクリスト御用達!ポテンシャルを引き出すインソール【詳細はここをクリック】

インソールの効果を体感する手順

インソールの効果を体感する手順

インソールをご購入された方へ

このインソールの効果を知るために試してほしいことがあります。

まず、インソールを装着してみるとアーチへのアプローチに特徴があるため、土踏まずのバネの機能とクッションの機能の強化を感じることができると思います。(足が軽く感じます)
また、アーチが理想の形に近づく事で足の指がしっかりと地面を捉える感覚も得ることができると思います。(浮き指改善)
そのため、しっかりと立っている、歩きやすい、走りやすいと感じる。
恐らく、これくらいは感じていただけるのではないでしょうか?

しかし、このインソールの効果はそれだけではありません。
バランス補正インソールを履いた時と履いていない時の体の筋肉の使い方に変化を及ぼします。
これから説明する事は、バランス補正インソールをご購入した方がインソールの効果を体感するための方法です。
そのため、ここではインソールをご購入した方に対しての内容となります。

このインソールのバランス補正効果により、体の中心軸がしっかりとなり、ちょっとやそっとじゃブレない安定した状態を作り出します。
また、骨盤を立たす効果があり、骨盤が立つことで体幹が安定し、体幹(腹横筋、腹斜筋など)を使いやすい状態にします。
それらの状態のパフォーマンスがどれほどのものか、ぜひこれから示す方法で実際に感じてみて下さい。
実はこれ、対面販売の時はご購入前に試してもらう方法です。
ほとんどの方がこの方法で体の変化を感じ、驚いてくれます。
インソールがある時とない時の差ってこんなにも違うのです。

これからご説明する方法を実施する際は、以下のことを必ずご注意ください。

・肩、肘、手首に痛みやケガが無いこと。
・首(頚椎ヘルニア及び狭窄症)、腰(腰椎ヘルニア、狭窄症、すべり症などの疾患)、または首痛や腰痛、ぎっくり腰の自覚症状がないこと。

上記内容が一つでも当てはまるようなら、このテストはお控えください。
またこれらのテストは体に荷重をかけるものですので、力加減に細心の注意を払ってください。(大きな力をかけなくても体感できるテストです)

では、その体感方法をご説明します。

バランステスト前面法

まずは、インソールを使用しないで以下のことを試してください。
下の写真の左側(バランステストを試す方はそれぞれ右側(オレンジのシャツの人です)のように、お腹の前で手を組みます。その際、組んだ手は腹部との間に隙間が無いようにくっ付けてください。
肘はまっすぐ伸ばしてください。
足幅は骨盤くらいに開き、指先は真っ直ぐ前に向けるようにしてください。
組んだ手の上に他の人に(イエローのシャツの人のように)拳を当ててもらい、真下に押し込んでもらいます。
大抵の方が前方に体が引っ張られたり倒れてしまうと思います。
バランスが崩れたら、すぐ力を抜いてください。
次にインソールを使用して同様のことをしてみます。
どうですか?
バランスの崩れも少なく、踏ん張りも利くようになっていませんか?
バランステスト前面法。インソール無し。前方に体勢が崩れます。インソール有り。もちこたえられます。
インソールを履くことで踵骨(踵の骨)をサポートし、下半身を中心にバランスが安定します。体幹部位にも力が入りやすくなり、より大きな荷重に対応できるようになります。

パワーテスト上下法

下の写真のように両腕を伸ばして水平くらいまで上げます。
肘の部分に手を当て、下に押し込んでいきます。この時、体験者は腕が下がらないように上に持ち上げるように力を入れます。
インソールが無い状態だと腕は写真の真ん中のように下がっていくと思います。
しかし、インソールを使用すると腕は下がらなくなります。
パワーテスト上下法。インソール無し。腕が下がってしまいます。インソール有り。もちこたえられます。
これは、インソールが無いときは、腕だけの力で持ちこたえようとするので、耐えられなくなってしまいますが、インソールがあると、腕だけでなく体全体(体幹)で容易に力を出せるようになるので、しっかりと持ちこたえることが出来るようになるのです。

インソールを使用した瞬間は、ここまで効果がでるとは思わないかもしれませんが、こうして体に負荷をかけることでインソールでバランスを正した時の力の出方が変わることに気が付くはずです。
インソールをご購入した方はぜひ試してみてください。