足のトラブルからパフォーマンスアップはこれ一つでカバーできる。インソールSuperBLITZ【詳細はここをクリック】

ナイキ厚底シューズの問題から考察。反発力がありスポーツで効果の高いこのインソールを使うことはズルいのか?

ナイキ厚底シューズの問題から考察。反発力がありスポーツで効果の高いこのインソールを使うことはズルいのか?
LINEで送る
Pocket

スポーツでインソールを使うのってズルい?

ナイキの厚底シューズを国際陸連が規制?

今、ナイキの厚底シューズ(ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%)の使用に関して国際陸連が禁止を検討しているというニュースが取りざたされている。
このナイキの厚底シューズはソールが厚く、ミッドソール部にカーボンファイバーを使用し反発力を高める効果があるため、
「本来の力以上に反発力を引き出すのでズルい。」
「他のメーカーのシューズを使っている人と差が出てしまう」
というようなことが、禁止を検討する材料となっているのか。
実際、マラソンで2時間を切った選手もこのナイキの厚底シューズを履いていたし、このシューズを履いた箱根駅伝の選手が多くの記録を出した。
このシューズの効果があったとされるには充分の結果である。
そして、これが取りざたされる要因は見た目にもあるはず。
パッと見で他のシューズとは違う。ソールの厚さが明らかに厚い。そしてピンク!(多くの選手がピンクのシューズだったから目立っていた。)

このインソールでもこのようなことがあった

「スポーツ選手がこのインソールを使うことって、ちょっとしたモラル違反やルール違反になるんじゃないか?」
ある方からこんなニュアンスのことを言われたことがある。

インソールは眠っている機能を引き出す

人によっては本来なら、うまく引き出すことができない足裏の機能を、このインソールで使えるようになる。
道具を使ってこれが出来るようになる。
お金をかけてこれができるようになる。

確かに、このインソールを使っている人と使ってない人との差は、この足裏の機能を引き出すことができるという大きな差にもなってしまっている。

もちろん、日頃の厳しいトレーニングや生まれつき、この機能を効率よく使っている人がいることは確かである。
しかしながら、そういった努力や苦労をせず、この眠った機能を簡単に使える方法があるということはどうなのか?
というようなことを言っていた。

足裏をしっかり使う事を真剣に時間を費やして取り組んで手に入れた人に申し訳ないと言う気持ちも少なからず生まれてしまうかもしれない。

インソールは足裏の機能を容易に使えるようになる

実際に体感していただけるとわかると思うが、このインソールにはそれほどの機能を活用できてしまう、すばらしいアイテムでもある。
(その足裏の機能のことは別記事にて記載しているのでインソールに関する記事から探してください)

お金をかけてアイテムを揃え、自身のパフォーマンスをあげるということに抵抗感や罪悪感を持つ人はいる。
出来るだけ自助努力でパフォーマンスアップを狙う事はもちろん間違いではない。
しかし、一生懸命に体を鍛えていても、なかなか簡単に手に入れることのできないものもたくさんある。
そのため、トレーニングで限りある時間を無駄に過ごしてしまうこともあり、それはそれで勿体無い。

「努力の賜物」、「努力の成果」という言葉は、成果を出せた人、結果が良かった人が使う言葉である。
結果が伴わない、結果が出せなかったという人は、それまでのトレーニングに無駄があったのか、やり方に間違いがあったのか、何かしらのミステイクがあったはずである。

多くの人はそれ程時間が作れない

もちろん、そのスポーツを生業(プロ)しているのであれば、反省して欠点を補い、トレーニング方法を変え、試行錯誤しながら時間をかけられるのかもしれない。
そして、そういった人たちは失敗も経験値として蓄積されていく。
しかし、実際にスポーツで生計を立てられる人はほんのごくわずかである。
多くのスポーツ競技参加者は仕事や学業、あるいは家事などと両立させているはずである。
試行錯誤をしながら、じっくりと時間をかける暇はそんなにないはずである。

そうなると効率ということが大事になってくる。

トレーニングの効率を上げる。
トレーニングで成果を出しやすくする。

それを成し遂げるようにするには、そのために研究されたアイテムを惜しみなく使うことも必要である。
それは決してズルいことではない。

プロはもっとツールにこだわる

本物のアスリートはものにこだわる。そして大事にする。
自分がいいと思ったものは使ってみる。
実は、多くのアスリートは自分にあったインソールを当然のようにずっと使っている。
当社でも幾人かのスポーツ選手をサポートさせていただいている。
そして、インソールの効果を感じ、使うことで結果も出している。

インソールを使うことは決してズルくはない

そういった観点から見て、足裏の機能を引き出す(人によっては復活させる)インソールを使うことは決してモラル違反やルール違反ではなく、科学の進歩と捉えるべきものである。
自分自身の本来の力を引き出し、さらにケガをしにくい体に変えることができるツールであるインソールはスポーツを末永く楽しむためには必需品であり、むしろ使うべきである。

我々、ファイン・プロデュースは少なくともそう思っている。

幸い、インソールは選手みんなが使用していても目視はできない。
例え、このインソールのおかげで新記録が続出しても、ナイキ厚底シューズの件のようにクローズアップはされることはないだろう。(実はこれは長所である以上に大きな欠点である)

それでは最後に、そのズルいと思われたインソールのラインナップを見てみよう。


LINEで送る
Pocket

インソールカテゴリの最新記事