靴の減り方がどのパターンに当てはまっているのかで体の状態がわかるんです!

靴の減り方がどのパターンに当てはまっているのかで体の状態がわかるんです!
Pocket

靴の裏の減り方であなたの状態がわかります

あなたの靴の裏を、しっかりと見たことありますか?

足圧バランス測定会をやっていると、靴の減り方を気にしている方は非常に多いことがわかりました。
毎日履くものなので目に付きやすいからなのかもしれません。
しかし、それについて、対処をしている方がほとんどいないこともわかりました。
実は、この靴の減り方はとても重要です。
靴の減り方であなたの足のバランスや体の状態がわかってしまうのです。

あなたの靴の裏はどこが減っていますか?

ほとんどの方の靴の減り方は、この3つのパターンに当てはまるのではないでしょうか。(赤い部分が減っているところです)
靴の裏の減り方

①だった方。
足のバランスが内側になっている方に見られる靴の減り方です。
足が内側に倒れこむ過回内(かかいない)といわれる状態の方に多い靴の減り方です。
下の写真の(A)の状態です。
この過回内の状態は見てわかるとおり足の内側の縦アーチ、つまり土踏まずがつぶれてしまっています。
足の機能を司る足裏アーチ(土踏まず)の働きを大きく低下させている状態です。
偏平足といわれる方の多くがこの状態ではないでしょうか?
ペタペタ歩きなどをしている方は、この状態である場合が比較的多いと思います。
足裏アーチのバネの機能とクッションの機能が低下しているので歩いたり走ったりしても疲れやすかったり、地面からの衝撃を足裏で吸収しづらく、代わりに足首や膝で受けるので、足首や膝が痛くなる原因になってしまいます。
そして、外反母趾の方もこの状態の方が多いのも特徴です。

③だった方。
足のバランスが外側になっている方に多い靴の減り方です。
①の方とは逆で足が外側に倒れこむ過回外(かかいがい)といわれる状態の方に多い減り方です。
下の写真の(C)の状態です。
こちらの状態はアーチが非常に高くなり、ハイアーチと言われる状態の方が多く、アーチの機能を低下させていないように思えますが、地面に足が着く際に外側の縦アーチをメインに着いてしまうのでせっかくのアーチ(土踏まず)の機能をうまく使えません。
また、アーチの支点が高くなることでバランスが不安定になり、バランスの取りにくい足といえます。
そして、支点が高いことで地面に接しているカカトや小指の付け根の小趾球のあたりに大きく圧力がかかってしまい、そこが痛くなったり、タコや魚の目が出来やすかったりします。
不安定なので捻挫などのケガもしやすいのではないでしょうか?

②だった方。
正常の方です。
靴の真後ろが減るのもいいのですが、靴の後ろ側の少し外側が減る、実はこれが正常です。
下の写真の(B)が正常の状態です。
この下の写真の(B)の状態のカカトの位置を見ていただければわかると思いますが、カカトって少し外側にあるのです。
そのため正常な状態で、靴の後ろ側の少し外側が減ることは問題ありません。
むしろ、少し外側で地面に着地することができることは、カカトでパワーを生み出すポイントになります。
そして、足先の親指部分が減っているということは、しっかりと指を使って地面を蹴り、歩いたり走ったりする際に地面に効率よく力を伝えている証拠です。
このような靴の減り方をしているのならば、普段の生活でも歩くことが苦にならないという方が多いのでは?

過回内、過回外、正常の足の傾き

足裏の使い方を正すために

過回内(A)、過回外(C)の状態を正常に近い状態へ導く簡単で効果が大きい方法は、
バランスを補正できるインソールを使うこと
と言われています。
インソールを使って出来るだけ上の写真の(B)の状態に近づけることが改善への大きな一歩となります。
あなたの靴の裏を見てみて、だった方は一度、バランス補正インソールを使ってみたらいかがでしょうか?
歩き方や歩く負担に大きな変化が現れると思いますよ!
バランス補正インソールとはこのようなものです。

バランス補正インソールFoot-K

だった方もバランス補正インソールを使用することで、足裏アーチの動きをもっと高めることができ、パフォーマンスを上げるきっかけにもなります。
また疲労時に起きるアーチの崩れも抑えることができ、あなたのパフォーマンスを高いところで維持できます。
一歩前進してみたい方も、ぜひ検討してみてください。

p.s.
捻挫や転倒防止という観点からも、足のバランスは大切です。
そういったリスクを減らすという点からもバランス補正インソールはお役に立つでしょう。

バランス補正インソールFoot-K

Pocket

インソールカテゴリの最新記事